タマラコルダーナの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介 2017年度 ラブリーモアオーバーナイトセンセーションの価格!

レビューの要請が届きましたが、まだ配達日が来てないので、届きましたら投稿しますこの他に3苗を一緒に購入しました。いつか、我が家の庭の、一角を彩るような存在になってくれたら嬉しいです(^^)愛安ローズさんのバラ、探してたので嬉しいです。もっと買えばよかった。

イマが買い時!

2017年02月23日 ランキング上位商品↑

オーバーナイトセンセーション ラブリーモア タマラコルダーナ≪いくつでも送料500円≫【全20品種】★苗です★芳香性品種選べる♪(オーバーナイトセンセーション ラブリーモア タマラコルダーナ等 愛安ローズさんのミニバラ苗

詳しくはこちら b y 楽 天

こちらは北国であり!まだバラには難しい季節である事を相談したところ!それに見合う苗を送って頂きました。これは開花も早そうで期待しています。。苗ひとつひとつ丁寧に保護されていて、苗自体も立派でした。苗ということで挿したての華奢なのを想像していましたが!木質化してポッドに根が回りきった!わりとガッチリしたのが数本…。ビロードアイ・桃花は前回の苗より若干成長した感じの3本挿し、クレッシェンドアイは大苗?で剪定済の2本挿しでした。愛安さんのミニバラは以前から育てています。花はしばらく我慢してしっかり株を育てて!秋に開花させるつもりです。「オーバーナイトセンセーション」と「ラブリーモア」を。元気な葉をつけた苗が到着しましたが!なにしろこれから冬越しなので!少しずつ寒さに慣らしながら春に向けて育てていこうと思います。新しい芽も出てきています。とてもきれいな苗が届きました。花付きでないのは承知していましたが!小さい苗ですね。ただ、最近のミニバラ、種類が増えすぎて同じようなのが多くなってきましたね。ミニバラなのに直径8センチはある花が咲きました。とても幼い小さな苗が届きました。小さいので!うまく育てて来年の春咲いてくれるかわかりませんが!育てるのが楽しみです。2月下旬に小さな小さな苗が2鉢届きました。。大切に育てます^ ^。暖かい時間はベランダに出して日にあて!夜は室内に入れて様子を見ています。咲くのが楽しみ!葉が無い状態を想像していましたが、元気な緑の葉が沢山付いた元気なバラでした( ^ω^ )また利用したいです。中部地方太平洋側で管理!まず5月中旬に「オーバーナイトセンセーション」が咲き始めました。育て甲斐があります。冬場ですが元気な葉っぱがたくさんついた枝ぶりの良い株でした。開き始めから綺麗な高芯剣弁咲!芳香種なので香りもとても良いです。元気に花芽をつけてくれるように大切に育てます。ハッチュアイ!チェリーアイ!ベンムーンを購入。こちらで買えると知り早速注文しました。バラは今からの季節!うどん粉!ハダニ!黒点と手間がかかりますが花の素晴らしさ!香りの素晴らしさで!厄介だなと思いつつも育てています。良い買い物でした。5月下旬!ようやく「ラブリーモア」が開花。ピェールドゥロンサール…育ててみたいけれど!あの極太の幹を見ると「私の手に負えない気がする…」と!手を出せずにいましたが!よく似たミニバラということで!ラブリーモアを購入しました。お花が咲いたら追記します。ミニバラのせいか数本植えで株を作っているようですが、これはこれでアリかと。前評判どおり「ピエールドゥロンサール」のミニチュアのようなアンティーク調のカップ咲に感動!!香りはあまりありません。両者とも実に魅力のある花です。全て承知して買いましたが!この値段でこの大きさ!わかっていても残念感は拭えません。とてもきれいな状態で届きました。今週植えられなかったので!来週鉢増ししようと思います。4種類買いましたが1つはつぼみが付きとても可愛い花が咲きましたが、あとはまだまだ今期は花が付く様子はないです。(独り言w)ミニバラを他店でも購入していましたが!見やすく簡単な薔薇の年間の育て方が記載されていたり!苗を傷めない為のカバーも新聞紙とかではなくてとても良かったです。注文してから届くまでがとても早かったです早速植え替えをしたところ!蕾がついたので!咲くのを楽しみにしています2月末に初めて購入した時は本当に小さな苗(新苗?)の3本挿しで!無事育つかどうか心配でしたが!昼間はベランダの簡易温室・夜間は玄関内に置くようにしていたら!5週間で茂り始めました。そして、少しお値段が高い気がします。無事育ちそうなので!気をよくして新たに3品種追加購入しました。早く販売再開してほしいです。植え替えた後、気温がかなり変動したので心配でしたが、今のところ元気なので、小さくても意外と丈夫そうです。到着してすぐに梱包を解きましたが、うどん粉病になりかけていました。。あと、一目惚れのシンフォニーアイも♪届いた苗は、小さいながらも葉はツヤツヤ、一本松ではなく枝もよく分かれていました。順次、環境に慣れさせています。